ドル円ユーロドル超短期スキャル方針NY時間帯2019.9.30

ドルが強くてユーロが弱いのは分かりますが、なかなか入れません。

 

ユーロは2017年以来の1.08台安値を付け少し戻して現時刻ヨコヨコ。

 

ドル円は今年の高値112.4円と今年の安値104.4の半値戻しが108.4付近。

 

ここまで来たら、激しい攻防もあるかと思われますが、現状108円を少し超えたところで全く動きません。

 

22:45のPMI発表まで待つことにします。

 

ドル円超短期スキャル方針東京時間帯2019.9.30

先週金曜日は108円を超えたところを注目・・と書きながら、0:00頃には寝落ちしてしまい、ポジションを作れませんでした。

 

結局は107.80近辺まで下押しした後、じわじわとショートカバー、終値はNY前日比より若干高く、3日連続高で引けた展開となりました。

本日は月末最終日のゴト日ということもあって9:00過ぎから参戦準備していましたが、9:50に吹き上がった後3分後には往ってこい、その後は更に下がってまた上がり、現時点10:20現在は結局元の位置に戻る・・というバタバタした感じで蓋を開けると1pips程度の微益でした。

 

仲値需給不足もありますが、月末ということもあり輸入の玉も大きいので注意が必要です。

 

今日の東京時間帯は私用のため外出しますのでここまで。

できれば欧州時間帯、遅くなればNY時間帯からまた参戦してみたいと思います。

 

 

タグ:

カテゴリ:USDJPYドル円 

ドル円超短期スキャル方針欧州時間帯2019.9.27

東京時間帯80付近まで上げてきたら、ショート目線で・・と思っていましたが、80も勢いよく抜けて下がる気配なく見送り。

 

欧州セッションに入って108.00円を目指す動きになっています。

 

現時刻は18時。

 

108円近辺には買い指値が多く入っているみたいなので、一旦つけに行く可能性もあります。

 

108円を超えてからの動きを見て再検討したいと思います。

 

 

タグ:

カテゴリ:USDJPYドル円 

ページの先頭へ