FX トレード振り返り 2018.11.22

 

 

昨日のEURUSD5分足

 

昨日の20時頃から0時前までのユーロドル5分足です。

 

 

 

「ロング」と書いてあるところで買いを持っていて

あららと言わんばかりに垂れてきた・・

 

よくある光景ですね。

 

その後また上昇してきたので一本サポートラインを引きます。

 

そしてそれと平行にチャネルラインらしきものを引きます。

1.14246のところが少し飛び出していますが大体で良いと思います。

 

次にその値幅と同じ平行線を引くと先程の高値にかかります。

 

ということはこの値幅が今この時点ではエッジが効いているのかな、

と推測できますね。

 

結果論でいうと1.14246で決済しておけばよかったのですが

 

その時はもっと上に行くと思ってホールドしていました。

 

そうするとどんどん下がっていく・・

 

嫌な展開ですね。

 

 

で、このサポートラインを割り込んだらすぐにロスカットしたり決済したり

する人が多いのですが、ここはガマンガマン。

 

先程と同じ値幅の平行線を今度は下側に引きます。

 

ここで跳ねる場合が結構あるからです。

 

昨夜はここに到達したとたんビヨーンと下がってしまいました。

(チャート上で「これ」と書いてあるところ)

 

あまりにも急激でスプレッドも相当広がっていました。

 

普通ならえらいこっちゃですわ・・

 

ラインを引いてみる

 

このとき慌てずに更に同じ値幅のラインを引いて

 

こういう場合戻ってくる事が多いのと、

もし戻らなかったとしてもここをもし割り込んだら、

逆に倍返しのドテンも視野に入れてやろうと見守っていました。

 

結果はすぐに往って来いで値を戻し、その後じわじわと

上がっていったのですが、もし値動きだけを見ていたら

おそらくビヨーンの時点で速攻で決済をしていたと思います。

 

何か自分自身で基準を持つことによって

急激な値動きや「だまし」に右往左往しなくても済むと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ:

カテゴリ:FXユーロドルEURUSD 

120日移動平均線とヘッジファンドとマネースクエア

以前の記事で、機関投資家暴露倶楽部という大手証券株式会社の内部情報を

リークするというFX商材のお話を書きました。  

 

 

読者様より、それこそリーク情報を頂いたのですが、

 

なっ、なんとその販売者が

フロントエンドで使っていたFX教材のツール自体、

ネット上で  

 

「無料頒布されているツール」  

 

を使っていたそうなのです。  

 

 

私も確認してみましたら、確かに存在していました。  

 

ピボットを表示させるツールは、

それこそ星の数ほどありますので、

丁寧に探せば似たようなものはあるでしょう。  

 

 

しかし、驚いたのは「HeikinBG」という

平均足を背景の色で表示させるツールがあるのですが、

そのまま無料ツールを教材として使用していたのです。  

 

 

動画の説明で、色の設定を購入者にさせるので、

私も「なんかおかしいな~」と思っていました。  

 

 

普通、自前で作成したものなら、

はじめからその色に設定しているはずですよね。  

 

動画の説明を聴いていても、

息を呑み込みながら話す仕草が  

 

「極度の緊張をしている」のか、  

 

なにか「やましい」ことをしているので、

 

そうなるのか 判然としないな~という印象は確かにありました。      

 

何がみんなでライジングサンや~ほんまに。。。    

 

でも、もうそんな「おっちゃん」は放っといて・・  

 

今回の記事はヘッジファンド(HF)の内部リークではありませんが、

不思議とHFの運用と一致する「インジケーター」がありますので、

ご紹介したいと思います。    

 

 

えらい大層な前フリになりましたが、実を申しますと、

よく使われる単純移動平均線(SMA)なんです。    

 

 

これを、「120」に設定して表示させてみてください。    

 

そして、次に「CFTCポジション」を表示できる口座をお持ちの方は表示してみてください。    

 

 

CFTCポジションとはHFがどんなポジションを持っているかが一目でわかるデータなのです。    

 

そして、チャートを日足か週足にして先ほどの120日または週のSMAを表示させてみてください。    

 

例えばドル円でしたら、このSMAより「値」が上にいっていたらドルを保有・円を売り、

逆に下にあると、円を保有しているのが分かると思います。    

 

 

つまり、投機筋もこの120移動平均線を基準に大きく動かしているのです。

 

もちろん、HFもこれだけ見て  

 

「ああ、120日線の上行きよったわ、円売ってドル買うとこか~」  

 

という単純なものではないでしょうが、

(しかもこんな"もっちゃり"した言い方で・・)

 

 

結果としてこういう動きが多いのです。  

今後120日移動平均線を見るときは一度、これを意識して見てください。  

 

また、先ほど出てきましたCFTCですが マネースクウェアの口座をひとつ持っておくと

「FX投資判断インジケーター」というコーナーがあり、

 

  CFTCをはじめ「移動平均かい離率」「購買力平価」などの各種参考になる指標が表示されます。    

 

ご自身の口座でCFTCを表示する機能がない場合は、口座自体は無料ですし、

ぜひとも一つ持っておかれる事をオススメします。  

 

無料口座開設は
マネースクエア ブログ媒体様向け広告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

XM 口座開設

FX 今日のドル円 EUセッション 2018.5.15

今14時前ですがドル円はじわじわと上がってきました。

 

まもなく早出のロンドン勢が参入してきますが

 

彼らはアマノジャクのようなところがありますので

 

東京タイムで上がったのなら「一度は売ってやれ」と試してくるでしょう。

 

一旦緩んでそこでショートが溜まっていると見るや、

 

振り落としにかけてくると思いますのでさらにドル円が上昇する可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:FXドル円USDJPY 

1 2 3 65

ページの先頭へ

為替