ドル円スキャル方針東京時間

昨日はロンドンフィキシングでドル高基調となりましたが、明けて朝方ずるずると下げてきました。

 

9:45頃から東京仲値需給から107.80付近まで吹き上がり、現時刻(昼前)じわじわと下げています。

 

ひとまずはこの仲値で付けた80近辺まで上がってきたら、一旦ショート目線で取り組んでみようと思います。

 

仲値トレードは必ずしも買いだけではなく、今日の様に日経平均が開始から下がりっぱなしのときは、ショートも視野に入れるか何せずに見送るかするべきです。
ただし、やはり9:45頃からは用心しなければなりません。

 

タグ:

カテゴリ:USDJPYドル円 

1 5 6 7

ページの先頭へ