今日のFX ドル円 ユーロドル 2019.4.19

ドル円 ユーロドル

 

欧州時間に発表された4月のフランスドイツユーロ圏製造業 PMI 速報値が予想を下回ったことで、欧州経済に対する懸念が強まりユーロ売りとなりまりました。

 

 

3月米小売売上高や米新規失業保険申請件数などが、予想より強い内容となったこともユーロ売りドル買いを誘い、ユーロドルは前日と比べて一時60 pips 以上も下げました。

 

 

それに伴ってユーロ円が下がり、つられてドル円も小反落しましたが、相変わらず小さなレンジの中でもみ合いに終始しました。

 

 

1時は良好な米小売統計や雇用指標を手がかりに112.03円付近まで上げましたが、4月米製造業サービス部門PMI速報値が予想下回り、総合PMI速報値が2016年9月以来の低水準をつけたことで一時111.85円まで下がりました。

 

本日はグッドフライデー

 

本日は聖金曜日の祝日(グッドフライデー)で主要海外市場がお休みのため閑散としている中、25日のニューヨークカットオプション112.00円付の近小さな値幅での展開が予想されます。

 

 

またアストロロジーでは満月ということや、ドル円日足ではダブルトップをつけている所から下落を警戒する声も聞こえます。

 

 

先ほども書きましたように、本日はグッドフライデーのため米国では株式や債券商品市場はお休みですが、米商務省は3月住宅着工件数と建設許可件数を発表します。(日本時間21:30)

 

 

昨年4月の為替政策報告書では日本が監視対象国に指定され、大きな貿易不均衡が日米間に存在することへの懸念が表明されましたが、米財務省から本日これも発表される可能性もあります。

 

とにかくこのような時は動きが鈍いのに、ポジションをとった瞬間にいきなり値が飛んだり、不規則な動きが出てくる可能性があります。

 

 

スキャルで回すにもあまり引っ張らずに、小回転でいこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

今日のFX ドル円 2019.4.18

ドル円は112円台に乗せても売りも出てくる状態で円安方向に向かう気配は一向に感じられません。

 

値動きが無い中で円売りポジションが着実に増え、既にシカゴの通貨先物では1月のフラッシュクラッシュ前の水準に近づいてきています。

 

世界的にドルが上がったところでは利食いの売りオーダーが上値を抑える要因となっているようです。

 

今週末を挟んで欧米はイースター休暇、来週末から日本は10連休と世界的に市場参加者が減少し、市場の流動性が低下しやすい時期に入っていきます。

 

急激な円高に振れるリスクには注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

タグ:

カテゴリ:FXドル円USDJPY 

ページの先頭へ

為替