120日移動平均線とヘッジファンドとM2Jマネースクエアジャパン

以前の記事で、

 

機関投資家暴露倶楽部という大手証券株式会社の内部情報を

リークするというFX商材のお話を書きました。  

 

 

読者様より、それこそリーク情報を頂いたのですが、

 

なっ、なんとその販売者が

フロントエンドで使っていたFX教材のツール自体、

ネット上で  

 

「無料頒布されているツール」  

 

を使っていたそうなのです。  

 

 

私も確認してみましたら、確かに存在していました。  

 

ピボットを表示させるツールは、

それこそ星の数ほどありますので、

丁寧に探せば似たようなものはあるでしょう。  

 

 

しかし、驚いたのは「HeikinBG」という

平均足を背景の色で表示させるツールがあるのですが、

そのまま無料ツールを教材として使用していたのです。  

 

 

動画の説明で、色の設定を購入者にさせるので、

私も「なんかおかしいな~」と思っていました。  

 

 

普通、自前で作成したものなら、

はじめからその色に設定しているはずですよね。  

 

動画の説明を聴いていても、

息を呑み込みながら話す仕草が  

 

「極度の緊張をしている」のか、  

 

なにか「やましい」ことをしているので、

 

そうなるのか 判然としないな~という印象は確かにありました。      

 

何がみんなでライジングサンや~ほんまに。。。    

 

でも、もうそんな「おっちゃん」は放っといて・・  

 

今回の記事はヘッジファンド(HF)の内部リークではありませんが、

不思議とHFの運用と一致する「インジケーター」がありますので、

ご紹介したいと思います。    

 

 

えらい大層な前フリになりましたが、実を申しますと、

よく使われる単純移動平均線(SMA)なんです。    

 

 

これを、「120」に設定して表示させてみてください。    

 

そして、次に「CFTCポジション」を表示できる口座をお持ちの方は表示してみてください。    

 

 

CFTCポジションとはHFがどんなポジションを持っているかが一目でわかるデータなのです。    

 

そして、チャートを日足か週足にして先ほどの120日または週のSMAを表示させてみてください。    

 

例えばドル円でしたら、このSMAより「値」が上にいっていたらドルを保有・円を売り、

逆に下にあると、円を保有しているのが分かると思います。    

 

 

つまり、投機筋もこの120移動平均線を基準に大きく動かしているのです。

 

もちろん、HFもこれだけ見て  

 

「ああ、120日線の上行きよったわ、円売ってドル買うとこか~」  

 

という単純なものではないでしょうが、

(しかもこんな"もっちゃり"した言い方で・・)

 

 

結果としてこういう動きが多いのです。  

今後120日移動平均線を見るときは一度、これを意識して見てください。  

 

また、先ほど出てきましたCFTCですが マネースクウェア・ジャパンM2Jの口座をひとつ持っておくと

「FX投資判断インジケーター」というコーナーがあり、

 

  CFTCをはじめ「移動平均かい離率」「購買力平価」などの各種参考になる指標が表示されます。    

 

ご自身の口座でCFTCを表示する機能がない場合は、口座自体は無料ですし、

ぜひとも一つ持っておかれる事をオススメします。  

 

無料口座開設はこちらから

FXならマネースクウェア・ジャパン

タグ:

カテゴリ:オススメFX会社(口座) 

そろそろ売りか・・ 2016.10.11

今、11日の午後11時を少し回ったところです。 前回の記事にも書いた通り、陽線新値5本のあと、陰線を見せ、 その後、そのままドテンするのではなく、また陽線を2本つけています。 ただ、やはり、9月2日につけた高値の壁は厚いようです。 120日の移動平均線も頭を押さえつけています。 NY市場が終わってみて、もし短い陽線、 つまり、2本とも前の陰線の幅に収まるようであれば その、次の日に売りの仕掛けを検討してみても良いと思います。
XM 口座開設

タグ:

カテゴリ:FXドル円USDJPY 

ページの先頭へ

為替