おすすめのFX会社 FX口座 OANDA

前回の記事ではオススメ海外FX口座としてXMをご紹介しました。  

 

ただ、XMに限らず、海外口座を使う場合はやはり

 

「自己責任で」

 

といったところは多少出てきます。    

 

 

というのも、今は良かったとしても、

その会社の財務体質など 様々な状況は年月の経過とともに

日々変わっていきます。    

 

ある日突然・・   何かが変更になる・・  

 

とかはよくあるのです。    

 

 

今回ご紹介するのは同じくMT4が使える 海外口座といっても、OANDAはその点安心です。    

 

海外とはいいますが、実際やり取りするのは  

 

「OANDA Japan」  

 

という日本法人で、お墨付きの登録事業者です。    

 

前出のXMが多少イケイケの面があるのに対し、

真面目すぎるぐらい真面目。    

 

私の学生時代に例えたら、  

 

「髪を七三に分けて銀ぶちメガネかけた理系の学生」  

 

といった感じです。    

 

 

たとえば、国民投票とか大統領選など大きなイベントがあるとき、

XMではレバレッジを  

 

「一時的に1%に引き下げます!」  

 

というのに対し、  

 

OANDAでは  

 

「~でロスカットが続出したのは記憶に新しいところです。 そのため、安全を考えてレバレッジの率を引き上げます」  

 

と、法人のレバレッジの%を上げてしまうぐらいです。 (低いレバレッジになる)    

 

ふぐ料理の店で例えたら、  

 

「隠れメニューでふぐの肝もありますよ」  

 

という店がXMだとしたら、  

 

「お上が出すなという御触れを出している以上、ウチは絶対に出しません」  

 

といった感じがOANDAでしょうか。    

 

 

ふぐの肝・・当たると怖い「てっぽう」の様だけど、

それでも食べたい・・(てっちり・てっさの語源)  

 

という需要が有るように

お上から警告(※註)が出ているXMでも  

それを「必要」としている人も居るし、  

 

「少しでもリスクがあるものは避けたい」  

 

という人も居るように、ちょうど棲み分けができているのです。      

 

 

この、OANDA前回の記事で説明したNDDの中でもSTPという方式 を採用しており、  

 

「サクサク約定率100%」    

 

を売りにしています。    

 

 

少し戸惑うのは、MT4が使えるのは良いのですが

OANDA独自の「fx Trade」というチャートも並行し、  

 

資金をそれぞれ独立して管理しなければ  

いけないところです。      

 

  この独自チャートは、5秒足というのもあり、

必要な人には 重宝するのではないでしょうか。    

 

 

DZHニュースも読めるし  

 

 

「あと〇〇分で(値動きが)ここに到達します」  

 

という思わず「ほんまかいな!」  

 

とツッコミを入れたくなるような予想付の マーケットレポート配信に加え、    

 

 

MT4の各種インジケーターなども取引額に 応じて用意されています。  

 

私も実際に使っていますが、 本格的に設計されたインジケーターなので、  

ネット上で無料ダウンロードできる物や 安物の情報商材の付録とは一味違います。      

 

通貨ぺアは若干少ないですが、メジャー通貨での 取引中心なら、問題はないでしょう。    

 

「安心感プラスMT4」

 

という方には 絶対に一つは持っておいた方が良い口座です。

OANDA Japan

抜群の操作性、サクサク感が癖になる、高機能取引ツール「OANDA fxTrade」

 

 

 

※註 ---------XMに対してお上からの警告(一部抜粋して引用)--------------- 平成28年5月11日 関  東  財  務  局 無登録で金融商品取引業等を行う者について、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針に基づき、本日、警告を行いましたので、下記のとおり公表いたします。 ・業者名等 Trading Point (Seychelles) Limited ・所在地又は住所 Mont Fleuri, Mahe, Seychelles ・内容等 インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの ・備 考 代表者等の氏名は「不明」。 当該業者が提供するサービスの名称は「XM.COM(XM)」であり、平成24年6月14日付で警告を行った「Trading Point of Financial Instruments Ltd.」が提供していたサービスの名称と同一である。 ※上記は、勧誘資料等に基づいて記載しており、「業者名等」「所在地又は住所」は虚偽の可能性があります。 注意事項 〇海外所在業者であっても、日本居住者のために、又は日本居住者を相手方として、金融商品の取引を行う場合は、原則として、金融商品取引法上の登録が必要です。 〇登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。 〇海外無登録業者との取引において、返金がされない、連絡がつかなくなるなど、詐欺的な投資勧誘が多発しております。安易な儲け話には応じないよう、十分にご注意ください。

おすすめのFX会社 FX口座 XM

前回の記事では、 国内FX会社でNDDを採用している口座を紹介しました。

 

ただ、NDDとはいっても、STP方式で、

一旦はディーラーを通すタイプということでしたね。

 

つまり、カバーされたインターバンクと

ブローカーであるFX会社が提示する値との差額で

儲けている訳ですが、

 

こちら(顧客)から見ると

先が見えません。

 

 

今回紹介するXMという海外口座の場合、

ECNという株式取引のような方式も選択することが出来ます。

 

 

「選択することが出来る」ということは、

他にもいろいろなコースがあるのですが

まずは、XMという会社について説明しましょう。

 

XMはもともとXEマーケッツという名称で

キプロスに本社がありましたが、今年から

 

「トレーディングポイント」という

セイシェル諸島にある会社と統合しました。

 

 

 

ただ、実務として我々がFXをするにあたって

直に接するのはXMというブランドになりますし、

 

信託保全も国によって細かい規定の違いはありますが、

ほぼ同様に引き継がれます。

 

 

 

 

 

 

最近では

 

 

「最善を尽くす」

 

という共通の理念があるとのことで、

ウサイン・ボルト選手が公認大使に就任したと、

広告でもよく登場しています。

 

XMの特徴は、最大888倍のハイレバレッジが可能で、

取引スタイルにあわせて3つのアカウントが選べます。

 

アカウントの種類は こちらを参照。

 

この中の「Zero口座」 というのが、ECNになります。

 

海外口座と聞けば、

 

言葉の壁

 

をイメージ してしまうかも知れませんが、

このXMは徹底した日本語によるサポートが充実しています。

 

ウェビナー(ウェブセミナー)も随時開催されるのですが、

海外口座のセミナーと聞くと、

 

最初はシュッとしたアカ抜けた感じの

 

「お前らとワシとは世界がちゃうぞ」

 

感満々のアナリストが登場するのかな、

と思っていましたら、

 

「あー、あー、聞こえますかぁ~、(コメントの)返事なかったら進めますよぉ~」

 

と始まる、ざっくばらんなおっちゃんと言ったら

怒られるかも知れませんが、おニイさんで、

親しみのある講師によるウェビナーも無料で視聴できるのです。

 

またXMは最大2万ユーロまで信託保全を完備しており、

英国バークレイ銀行の補償やAIGの保険にも加入している

ということで、顧客の資産保全には万全の体制で取り組んでいます。

 

 

不便な点といえば、最近ネッテラーが 使えなくなったことぐらいでしょうか。

 

しかし、ここまで安心感のある会社であれば、

あえてネッテラーにしなくても 全く問題ないですね。

 

日本語のサポートも充実していて、 私の主宰する投資グループの間でも

「XMの口座持っていない」 といえば 「なぜ作らないの?」 と逆に訊かれるぐらい

前回の記事でご紹介したオススメ国内FX口座の他にも 絶対に持っておくべき口座のひとつです。

 

なぜかというと、私がメール配信している時の解説をはじめ、

FXで何か説明したり、ツールを使用する場合は

殆ど全てといって良いぐらい MT4 というチャートソフトを使っています。

 

このMT4を使っている国内業者は数が少なく、

前回記事にした国内オススメ口座の中で MT4は採用されていないのです。

 

ですから、XMの標準チャートであるMT4を見ながら、

あなたの投資スタイルに合せて国内口座を使うもよし、

MT4から直接やり取りするのも全然「あり」だと思います。

まずはとにかく簡単ですから 作ってみて下さい。

 

 

 

XMの口座開設はこちらから ↓ ↓ ↓

XM 口座開設

 

 

 

 

 

 

オススメFX会社(口座)

XM 口座開設

ページの先頭へ

為替