機関投資家暴露倶楽部

前回の記事の続きになります。

 

 

さまざまなインターネットで出回っている

FX系の「情報商材」と言われるものを検証していて

本当にロクなものが有りませんでした。  

 

 

その中でも、  

 

「まだマシかなぁ~」  

 

と思っていた(過去形) 元機関投資家が  

 

 

「機関投資家専用インジケーターです」  

 

というのを売りにしていた数万円の商材でした。  

 

 

「機関投資家インジケーターってどんなんやろ」

 

 

と 思って、知人に購入した人がいたので、

見せてもらうと 単に、ピボットを表示させるものでした。    

 

ピボットとは   (前日の安値+前日の高値+前日の終値)÷3  

で導かれるラインで、別に機関投資家専用でもなんでもありません。  

 

ゾーンと言われる雲のようなものもあったのですが、

おそらくピボットとフィボナッチか何かの間を

取ったものだと思います。  

 

動画でも、移動平均線の数値を13、55、144 と設定する時に、  

 

「これは、私が長年研究して導き出した数値です」  

 

 

と値打ちを付けて言っていましたが、

ちょっとやっている人なら

誰でも知っているフィボナッチ数列ですね。  

 

 

フィボ数列を移動平均線のパラメーターに使うのは一時流行りました。  

 

「このオッサンえらい吹きよんな」  

 

という感想は持ちましたが   まぁ、ピボットといい、

フィボ数列のMAといい、 商売でやっている以上、

多少のハッタリというか 値打ちを付けるのは仕方ないかな~ というのと  

 

 

初心者には、ピボットの設定や4H移動平均線が

バックの色分けになっている仕様とか

これらを一から設定するのは大変だし、ちょうど良いかな・・  

 

 

あと、初心者向けの動画講座とかが入って

たしか3万円程度のものだったので

値ごろ感もあり、  

 

 

次回もし再販することがあれば、

紹介しても良いかな~ と心の準備はしていました。  

 

 

そしてこの販売者は、確かに身元もきちんと明かして

いた点も評価していました。  

 

ところが、エライ流れが変な方向に傾きだしたのです。  

 

自分の後輩や現役時代のブレーンを使って

内部情報をリークする商材

 

「機関投資家暴露倶楽部」

 

という名称を付け

高額バックエンドを売り出したのです。  

 

「これはあかんやろ」  

 

まず、単にハッタリでも顧客に対する背信行為ですが

もし、本当にやっているのなら、これはこれで問題です。  

 

 

しかも、50万円という高額商材ですが

こんな、不正が長続きするとは思えません。  

 

いくら大手証券会社勤務の人からのリークといっても

その会社内だけの売買ポジションでしょうし、  

 

メガオーダーのポジションは

わざわざこんな怪しいところじゃなくても

 

開設している口座によっては

情報提供してくれるところもあります。  

 

それ以前に、モラルというか恥というものが無いのでしょうか?

 

こんなことして・・  

 

本当にロクなものが無いですね。

 

ということで、アンケートまだやっていま~す。

↓ ↓ ↓

タグ:

カテゴリ:FX教材 

ページの先頭へ

為替