FX 日経225 今日の相場 2018.2.9

 

米主要3指数は揃って大幅安となりました

 

ダウは1,032ドル安となり、史上2番目の下げ幅となりました。

 

朝方の米国株は買いが入った一方で、イングランド銀行の金利の上昇観測が嫌気され、主要指数は徐々に下げていきました。

 

その後、金利の上昇が一服したことなどから、安値圏でもみ合いになりましたが、米国債入札の結果を受け、金利が再度上昇に転じたことから、売り直される流れに。

 

暫定予算の期限切れを迎えるなか、政府機関閉鎖の可能性も意識されたことから先行き不透明感が拭えず、引けにかけては売りが売りを呼ぶ展開になり、NYダウは約2ヵ月ぶりの24,000ドル割れとなりました。

 

国内が3連休に入る前に海外が再び波乱の展開となって、ブルに傾く動きも限られそうです。

 

 

ただ国内株式では、6日に急落した分をすぐに取り戻した企業が散見されていることから段階的に下値を拾っていっても良いかも知れません。

 

 

 

FX 日経225 本日夕方からの指標

 

15:45スイス1月失業率
予想 * 前回 3.40% * 3.30%

15:45スイス1月失業率(季調済)
予想 * 前回 3.00% * 3.00%

18:30英12月鉱工業生産(前月比)
予想 * 前回 -0.90% * 0.40%

18:30英12月鉱工業生産(前年比)
予想 * 前回 0.30% * 2.50%

18:30英12月商品貿易収支(英ポンド)
予想 * 前回 -115億5000万 * -122億3100万

18:30英12月製造業生産(前月比)
予想 * 前回 0.30% * 0.40%

18:30英12月製造業生産(前年比)
予想 * 前回 1.20% * 3.50%

22:30加1月雇用ネット変化率
予想 * 前回 1万 * 7万8600

22:30加1月失業率
予想 * 前回 5.80% * 5.70%

00:00米12月卸売在庫(前月比)確報値
予想 * 前回 0.20% * 0.20%

カテゴリ:日経225 相場全体 

ページの先頭へ

為替