120日移動平均線とヘッジファンドとマネースクエア

以前の記事で、機関投資家暴露倶楽部という大手証券株式会社の内部情報を

リークするというFX商材のお話を書きました。  

 

 

読者様より、それこそリーク情報を頂いたのですが、

 

なっ、なんとその販売者が

フロントエンドで使っていたFX教材のツール自体、

ネット上で  

 

「無料頒布されているツール」  

 

を使っていたそうなのです。  

 

 

私も確認してみましたら、確かに存在していました。  

 

ピボットを表示させるツールは、

それこそ星の数ほどありますので、

丁寧に探せば似たようなものはあるでしょう。  

 

 

しかし、驚いたのは「HeikinBG」という

平均足を背景の色で表示させるツールがあるのですが、

そのまま無料ツールを教材として使用していたのです。  

 

 

動画の説明で、色の設定を購入者にさせるので、

私も「なんかおかしいな~」と思っていました。  

 

 

普通、自前で作成したものなら、

はじめからその色に設定しているはずですよね。  

 

動画の説明を聴いていても、

息を呑み込みながら話す仕草が  

 

「極度の緊張をしている」のか、  

 

なにか「やましい」ことをしているので、

 

そうなるのか 判然としないな~という印象は確かにありました。      

 

何がみんなでライジングサンや~ほんまに。。。    

 

でも、もうそんな「おっちゃん」は放っといて・・  

 

今回の記事はヘッジファンド(HF)の内部リークではありませんが、

不思議とHFの運用と一致する「インジケーター」がありますので、

ご紹介したいと思います。    

 

 

えらい大層な前フリになりましたが、実を申しますと、

よく使われる単純移動平均線(SMA)なんです。    

 

 

これを、「120」に設定して表示させてみてください。    

 

そして、次に「CFTCポジション」を表示できる口座をお持ちの方は表示してみてください。    

 

 

CFTCポジションとはHFがどんなポジションを持っているかが一目でわかるデータなのです。    

 

そして、チャートを日足か週足にして先ほどの120日または週のSMAを表示させてみてください。    

 

例えばドル円でしたら、このSMAより「値」が上にいっていたらドルを保有・円を売り、

逆に下にあると、円を保有しているのが分かると思います。    

 

 

つまり、投機筋もこの120移動平均線を基準に大きく動かしているのです。

 

もちろん、HFもこれだけ見て  

 

「ああ、120日線の上行きよったわ、円売ってドル買うとこか~」  

 

という単純なものではないでしょうが、

(しかもこんな"もっちゃり"した言い方で・・)

 

 

結果としてこういう動きが多いのです。  

今後120日移動平均線を見るときは一度、これを意識して見てください。  

 

また、先ほど出てきましたCFTCですが マネースクウェアの口座をひとつ持っておくと

「FX投資判断インジケーター」というコーナーがあり、

 

  CFTCをはじめ「移動平均かい離率」「購買力平価」などの各種参考になる指標が表示されます。    

 

ご自身の口座でCFTCを表示する機能がない場合は、口座自体は無料ですし、

ぜひとも一つ持っておかれる事をオススメします。  

 

無料口座開設は
マネースクエア ブログ媒体様向け広告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月の満ち欠けでFXをトレード

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

相場は3日からスタートし、

4日には本格的に始動致します。

 

  実需の輸入企業による為替交換もその次の週からは

仲値に影響が出だしてくると思います。  

 

ところで、早速ですが、 FXに限らず、相場ではさまざまな分析法があります。  

 

大きく分けて、  

チャートから判断する「テクニカル分析」

 

経済や政治から判断する「ファンダメンタルズ分析」

 

歴史や季節から判断する「アノマリー分析」  

 

などです。  

 

このうちの「アノマリー分析」の中に入るかも知れませんが

 

「アストロロジー分析」

 

というのがあって これは、占星術で相場を分析するというものです。  

 

本格的なものでしたら、円を描いてそれを12等分し、

 

「火星の位置や、水星、金星はどこにあって、

木星は天秤座の何度に位置している」等の ホロスコープを作って分析します。  

 

ただ、こんな本格的なものでなくても、

月の満月、新月で 予想を立てる人も結構いらっしゃいます。  

 

これも、説明できない動きという意味ではアノマリーに入る

と言われていますが、

確かに、あの海水という巨大なものを動かす位ですから、

人間の血液や脳みそなど推して知るべしですね。  

 

 

今月1月の満月は12日、新月は28日となっています。

 

その前後が大潮になります。  

 

以前の記事でご紹介した「ヒロセ通商」で口座を持っていると

このような月の動きや、その日予定されている経済指標発表予定、

 

各銀行のメンテナンス日程、

相場格言や開運日が書かれた カレンダーがもらえます。

(ただし、各種条件あり)      

 

 

 

 

 

期間限定なのでカレンダーは終わっているかも知れませんが

次から次へと、新しいキャンペーンを常に打ち出していますので

 

ヒロセ通商 の口座を持っていない人は無料ですし、

こちらから一度チェックしてみてください。

 

 

↓ ↓ ↓ ヒロセ通商【LION FX】

 

 

 

 

 

XM 口座開設

注文量をカンニングしながらトレードできるオススメ口座は・・

先日の記事で書きました  

 

「機関投資家暴露倶楽部」  

 

受付最終日は怒涛のごとく  

 

「まるでスパムか」  

 

と見紛うほどのメールが来まして 無事終了したようです。    

 

50万円もする教材ですが どれほどの方が参加されたのでしょうか?    

 

願わくば、文面通りのものではなく、

例えば、もっと違う良い方法があるが それで募集しても、

人が集まらないから 方便で・・  

 

「方便」とは仏教でいうと、例えば悟りの境地に 導くため、

普通なら困難なことだけど、  

 

それでは一般の人々からすると 無縁なものとなってしまうので、

 

導きやすい手段を用いる・・    

 

という意味なのですが、 例えば、FXでいうと、  

 

「さや取りを使って年利たったの数%!」

 

「金利裁定取引アービトラージで月に数百円!」  

 

なんて、売り出しても 誰の心にも響かないだろうから

ちょっと過激な方法で募集をかけて、その実 本当は、

地味だけどきちんとみんなに成果を出してもらえる方法を 用意しています・・  

 

というものであって欲しい。      

 

 

そして、成功者が続出して、来年には  

 

「また第二期を募集します・・」  

 

という声が聞けるよう、 ネット上で炎上しない事を切に願います。    

 

 

ところでもし、文面通り この「内部情報リーク」 があったとしての話ですが、  

当然、大手証券会社に勤めていようが インターバンクに勤めていようが  

 

「この先、値動きがどうなる・・」  

 

という予想を100%的中させることは 誰にもできません。    

 

リークされるのは おそらく、その会社内で保有する

未決済のポジションとオーダー だと思います。    

 

この注文板情報を見て

 

「売り」または「買い」の厚い層に 価格が到達したとき

 

逆張りを仕掛けて利益を狙う、

 

という方法があります。    

 

 

ただ、これとて絶対ではありません。    

 

 

現にこのたびのトランプラリーでも

至る所にメガオーダーが置かれていましたが

全て突破されて、ここまで至っています。    

 

しかし、一般的にはそういう 値動きが多いので、

参考にしたいところでもあります。    

 

 

そこで、わざわざ後ろめたい  

 

「リーク情報」  

 

なんて手を付けなくても   前回のオススメでご紹介した  

 

「OANDA」なら  

 

そういったオーダー情報も堂々と知る事ができます。        

 

 

「機関投資家暴露倶楽部」で言ってたような

大手証券会社の情報ではないにしろ

そこは、「大数の法則」で そんな大幅に違う、という事はないでしょう。    

 

 

OANDAで口座を持つと、 このようなオーダーポジションの他にも 本格的な  

 

「ポイントアンドフィギア」  

 

を表示させるインジケーターなど多数 用意されています。    

 

 

ただし、取引残高によるものもあり、

その残高を割ると表示されないように

設計されているので、複雑な構造になっているのでしょうね。    

 

 

その辺は  

 

「OANDAもなかなかしわいのぅ~」  

 

と言いたいところで、最初にダウンロードすると、

パラメーターを少し操作しなければ いけない場合がありますが、

これもサポートに電話すると 丁寧に教えてくれますので、全く問題ないでしょう。    

 

 

50万円も出してヘンな教材を買う位なら

今スグOANDAの口座を開設(もちろん無料) して、

口座に投資資金50万円を入金した方がよっぽど良いと思います。

 

まだの方は今すぐこちらから

OANDA Japan

おすすめのFX会社 FX口座 OANDA

前回の記事ではオススメ海外FX口座としてXMをご紹介しました。  

 

ただ、XMに限らず、海外口座を使う場合はやはり

 

「自己責任で」

 

といったところは多少出てきます。    

 

 

というのも、今は良かったとしても、

その会社の財務体質など 様々な状況は年月の経過とともに

日々変わっていきます。    

 

ある日突然・・   何かが変更になる・・  

 

とかはよくあるのです。    

 

 

今回ご紹介するのは同じくMT4が使える 海外口座といっても、OANDAはその点安心です。    

 

海外とはいいますが、実際やり取りするのは  

 

「OANDA Japan」  

 

という日本法人で、お墨付きの登録事業者です。    

 

前出のXMが多少イケイケの面があるのに対し、

真面目すぎるぐらい真面目。    

 

私の学生時代に例えたら、  

 

「髪を七三に分けて銀ぶちメガネかけた理系の学生」  

 

といった感じです。    

 

 

たとえば、国民投票とか大統領選など大きなイベントがあるとき、

XMではレバレッジを  

 

「一時的に1%に引き下げます!」  

 

というのに対し、  

 

OANDAでは  

 

「~でロスカットが続出したのは記憶に新しいところです。 そのため、安全を考えてレバレッジの率を引き上げます」  

 

と、法人のレバレッジの%を上げてしまうぐらいです。 (低いレバレッジになる)    

 

ふぐ料理の店で例えたら、  

 

「隠れメニューでふぐの肝もありますよ」  

 

という店がXMだとしたら、  

 

「お上が出すなという御触れを出している以上、ウチは絶対に出しません」  

 

といった感じがOANDAでしょうか。    

 

 

ふぐの肝・・当たると怖い「てっぽう」の様だけど、

それでも食べたい・・(てっちり・てっさの語源)  

 

という需要が有るように

お上から警告(※註)が出ているXMでも  

それを「必要」としている人も居るし、  

 

「少しでもリスクがあるものは避けたい」  

 

という人も居るように、ちょうど棲み分けができているのです。      

 

 

この、OANDA前回の記事で説明したNDDの中でもSTPという方式 を採用しており、  

 

「サクサク約定率100%」    

 

を売りにしています。    

 

 

少し戸惑うのは、MT4が使えるのは良いのですが

OANDA独自の「fx Trade」というチャートも並行し、  

 

資金をそれぞれ独立して管理しなければ  

いけないところです。      

 

  この独自チャートは、5秒足というのもあり、

必要な人には 重宝するのではないでしょうか。    

 

 

DZHニュースも読めるし  

 

 

「あと〇〇分で(値動きが)ここに到達します」  

 

という思わず「ほんまかいな!」  

 

とツッコミを入れたくなるような予想付の マーケットレポート配信に加え、    

 

 

MT4の各種インジケーターなども取引額に 応じて用意されています。  

 

私も実際に使っていますが、 本格的に設計されたインジケーターなので、  

ネット上で無料ダウンロードできる物や 安物の情報商材の付録とは一味違います。      

 

通貨ぺアは若干少ないですが、メジャー通貨での 取引中心なら、問題はないでしょう。    

 

「安心感プラスMT4」

 

という方には 絶対に一つは持っておいた方が良い口座です。

OANDA Japan

抜群の操作性、サクサク感が癖になる、高機能取引ツール「OANDA fxTrade」

 

 

 

※註 ---------XMに対してお上からの警告(一部抜粋して引用)--------------- 平成28年5月11日 関  東  財  務  局 無登録で金融商品取引業等を行う者について、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針に基づき、本日、警告を行いましたので、下記のとおり公表いたします。 ・業者名等 Trading Point (Seychelles) Limited ・所在地又は住所 Mont Fleuri, Mahe, Seychelles ・内容等 インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの ・備 考 代表者等の氏名は「不明」。 当該業者が提供するサービスの名称は「XM.COM(XM)」であり、平成24年6月14日付で警告を行った「Trading Point of Financial Instruments Ltd.」が提供していたサービスの名称と同一である。 ※上記は、勧誘資料等に基づいて記載しており、「業者名等」「所在地又は住所」は虚偽の可能性があります。 注意事項 〇海外所在業者であっても、日本居住者のために、又は日本居住者を相手方として、金融商品の取引を行う場合は、原則として、金融商品取引法上の登録が必要です。 〇登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。 〇海外無登録業者との取引において、返金がされない、連絡がつかなくなるなど、詐欺的な投資勧誘が多発しております。安易な儲け話には応じないよう、十分にご注意ください。

おすすめのFX会社 FX口座 XM

前回の記事では、 国内FX会社でNDDを採用している口座を紹介しました。

 

ただ、NDDとはいっても、STP方式で、

一旦はディーラーを通すタイプということでしたね。

 

つまり、カバーされたインターバンクと

ブローカーであるFX会社が提示する値との差額で

儲けている訳ですが、

 

こちら(顧客)から見ると

先が見えません。

 

 

今回紹介するXMという海外口座の場合、

ECNという株式取引のような方式も選択することが出来ます。

 

 

「選択することが出来る」ということは、

他にもいろいろなコースがあるのですが

まずは、XMという会社について説明しましょう。

 

XMはもともとXEマーケッツという名称で

キプロスに本社がありましたが、今年から

 

「トレーディングポイント」という

セイシェル諸島にある会社と統合しました。

 

 

 

ただ、実務として我々がFXをするにあたって

直に接するのはXMというブランドになりますし、

 

信託保全も国によって細かい規定の違いはありますが、

ほぼ同様に引き継がれます。

 

 

 

 

 

 

最近では

 

 

「最善を尽くす」

 

という共通の理念があるとのことで、

ウサイン・ボルト選手が公認大使に就任したと、

広告でもよく登場しています。

 

XMの特徴は、最大888倍のハイレバレッジが可能で、

取引スタイルにあわせて3つのアカウントが選べます。

 

アカウントの種類は こちらを参照。

 

この中の「Zero口座」 というのが、ECNになります。

 

海外口座と聞けば、

 

言葉の壁

 

をイメージ してしまうかも知れませんが、

このXMは徹底した日本語によるサポートが充実しています。

 

ウェビナー(ウェブセミナー)も随時開催されるのですが、

海外口座のセミナーと聞くと、

 

最初はシュッとしたアカ抜けた感じの

 

「お前らとワシとは世界がちゃうぞ」

 

感満々のアナリストが登場するのかな、

と思っていましたら、

 

「あー、あー、聞こえますかぁ~、(コメントの)返事なかったら進めますよぉ~」

 

と始まる、ざっくばらんなおっちゃんと言ったら

怒られるかも知れませんが、おニイさんで、

親しみのある講師によるウェビナーも無料で視聴できるのです。

 

またXMは最大2万ユーロまで信託保全を完備しており、

英国バークレイ銀行の補償やAIGの保険にも加入している

ということで、顧客の資産保全には万全の体制で取り組んでいます。

 

 

不便な点といえば、最近ネッテラーが 使えなくなったことぐらいでしょうか。

 

しかし、ここまで安心感のある会社であれば、

あえてネッテラーにしなくても 全く問題ないですね。

 

日本語のサポートも充実していて、 私の主宰する投資グループの間でも

「XMの口座持っていない」 といえば 「なぜ作らないの?」 と逆に訊かれるぐらい

前回の記事でご紹介したオススメ国内FX口座の他にも 絶対に持っておくべき口座のひとつです。

 

なぜかというと、私がメール配信している時の解説をはじめ、

FXで何か説明したり、ツールを使用する場合は

殆ど全てといって良いぐらい MT4 というチャートソフトを使っています。

 

このMT4を使っている国内業者は数が少なく、

前回記事にした国内オススメ口座の中で MT4は採用されていないのです。

 

ですから、XMの標準チャートであるMT4を見ながら、

あなたの投資スタイルに合せて国内口座を使うもよし、

MT4から直接やり取りするのも全然「あり」だと思います。

まずはとにかく簡単ですから 作ってみて下さい。

 

 

 

XMの口座開設はこちらから ↓ ↓ ↓

XM 口座開設

 

 

 

 

 

 

オススメFX会社(口座)

おすすめのFX会社 FX口座 ヒロセ通商

前回の記事でFX会社(口座)には大きく分けて DD(ディーリング・デスク) と NDD(ノー・ディーリング・デスク) の二つがあると書きました。 国内のFX会社は殆どがDDで、手数料無料、 極小スプレッドが売りであることでしたね。 ただ、当然デメリットもありまして、 発注してもオーダーが刺さらない、 つまり注文が通らない事があります。 スキャルピング不可というところも多く、 そして、グズグズしているうちに、 本来DDでは起こらないはずの 「スリッページ」が発生し、 結局思った値で約定しなかった、不利なレートになった、 ということがしばしばあります。 これは、発注するロット数が多いほど その確率は高くなってきます。 また、FX会社と顧客とのタイマン勝負なので、 勝ちすぎるとマークされて、約定拒否や 悪意のあるスリッページなどが発生するのです。 だから、もしあなたが初心者の域を抜け出して、 本格的にやって行こうとしたら 今から紹介するFX口座が必須になってくるのです。 そこで、NDDのオススメFX口座なのですが、 その前に少しおさらいを・・ NDDとは STP・・・そのFX会社(ブローカー)が一旦は引き受けて、 カバー先といわれるインターバンク市場に発注する方式と、 引き受けずに直接カバー先に発注する方式の二通りある。 その引受先との差額が会社の利益。 ECN・・・株式市場のような形。オープンで公明正大。株式と違い、 FXの方は私設の取引市場だが、実際に取引所があるわけではない。 電子証券取引で、板情報や気配値を見ることができる。 手数料が会社の利益。 の二通りがあります。 ちょっと難しい話になりましたが、前回の記事で、 お父さんの馬券を買いに行くおつかいの例で言いますと 自分で呑んでしまわずに、ちゃんとJRAで買う・・ というものでした。 これは、FX会社と顧客とのタイマン勝負ではなく、 FX会社はあくまでもブローカーとしての取次をする立場になりますので 先ほど書きましたDDの場合のデメリットが解消されるのです。 まず、なんといっても 「約定しやすい」 というのが最大のメリットといえるでしょう。 その中で国内NDDの先鋒隊といえるFX会社はここ、ヒロセ通商 ヒロセ通商【LION FX】 ヒロセ通商は、1000通貨単位から取引もOK、しかも手数料無料。 「あれ、さっきの馬券のたとえでいうと、手数料無料っておかしいんじゃないの?」 と思われたかも知れません。 はい、れっきとしたNDDなのですが、先ほど説明しました「STP」方式なのです。 そのカバー先もちゃんとホームページに公表されています。 ヒロセ通商【LION FX】 これだけカバー先があると、条件の良いところを選ぶことが出来るのでしょうね。 そして同社はJASDAQ上場企業で、 2013年度、2014年度、2015年度と3年連続オリコン顧客満足度第1位。 信託保全も三井住友銀行100%信託で安心です。 そして、何より、約定率99.9%、スピードが0.001秒と謳われている約定力。 「スキャルピング不可」という国内FX会社が多い中、 「スキャルもOK」 というのも力強いですね。 あえて、欠点を上げてみると トルコリラ・南アフリカランドなどのマイナーペアでは レバレッジが高くかけられないぐらいでしょうか。 でも、マイナー通貨を高レバで運用する人の方が少ないと思いますので 全く問題ないですね。 私の知る限り、よくどこの会社でもやっている「キャッシュバック」 に加えて、取引量に応じて 551蓬莱の豚まん※ がもらえるFX会社は ここヒロセ通商 以外に聞いたことがありませんし、 ファンダメンタルの情報量も豊富で、初心者から上級者に至るまで、ヒロセ通商 の口座を持っておいて損はありません。 費用もかかりませんし、情報を読むだけでも価値ありで、オススメです。 ※いつも551蓬莱の豚まんとは限りません。時期によってキャンペーン内容は変わります。 詳しくはこちらをご覧ください。 ↓ ↓ ↓ ヒロセ通商【LION FX】 次回は海外のオススメ口座をご紹介します。

おすすめのFX会社 FX口座 SBIFX DMM.com証券

 

今回は私、FX-Aki坊も実際に使っているオススメFX証券会社(口座)をご紹介します。

 

その前に、FXの口座いついて少し説明します。

 

FX会社(口座)には大きく分けて2つあります。

 

それは、

 

1.ディーリング・デスク(DDまたははOTCという)

 

2.ノー・ディーリング・デスク(NDD)

 

と分類されます。

 

 

ちょっと難しいように聞こえますが、

これは、競馬で例えると、あなたのお父さんから、

 

「おーい、悪いけど今度の有馬記念

 

1-2 3,000円

1-3 3,000円

2-3 3,000円 買っといてくれへんか。

 

その代り小遣い(手数料)1,000円渡すから」

 

 

と言われて、計10,000円を受け取ったとします。

 

そこで、あなたは・・

 

 

A、「オヤジいつも抜けよるから、そのままワイが10,000円受けといて、

もし当たったら自分の貯金から、JRA発表のオッズ通りにオヤジに払っといたろ」

と、10,000円そのままもらっておく。

 

註※家族間であれば、実務上検挙されることは無いと思いますが、上記例は競馬法違反(呑み行為)となりますので絶対にマネをされないようにお願いします。

 

 

B、言われた通りまともに、そのままJRAで購入

 

C、「これ、万が一当たったら万馬券になりそうやから、9,000円のうち4,000円分はJRA通しとこ」 と自分は5,000円分だけ受け、4,000円分をJRAで購入。

 

 

 

Aの場合、オヤジさんが外すと10,000円あなたが儲け。

 

ただし、当たったら赤字だが確率は低い Bの場合、

オヤジさんが外そうが、当たろうが1,000円の利益

 

Cの場合、オヤジさんが外すと、5,000円+1,000円で6,000円の利益、

当たると赤字だが、Aよりは、損害額が小さい。

 

 

となります。

 

この場合、「A」と「C」がDDとなります。

 

 

つまり、DDはお客とFX会社とのタイマン勝負なのです。

 

ただ、DDも先ほど競馬に例えたものですから、

悪い印象を持った方もいるかも知れませんが、

当然FXでは合法ですし、実は利点もあります。

 

 

まず、手数料無料は当たり前、スプレッドも低く設定されています。

 

 

本来ならスプレッドも無しで充分やっていけるのでしょうが

実際は、ある程度インターバンクに合わせないといけない、

 

ということもあり、各社とも低スプレッドを売りにしています。

 

初心者の方が低い金額でFXをするならこちらで充分だと思います。

 

その中でも私FX-Aki坊が特にオススメの口座は SBIFXというFX会社です。

 

 

FXを始めるならSBI FXトレード!

 

 

こちらは、1通貨から実践できますので、

たとえばドル円ですと百円台からの 取引ができるのです。

 

 

よく、「デモ口座で練習して・・」という方がいらっしゃいますが、

デモ口座ではやはり「負けてもどうせ、タダや」という気持ちが働いてしまって

実力は付きません。

 

「デモ口座では上手いこといったのに、本番ではさっぱりワヤや」 という声もよく耳にします。

 

 

そして、ある程度慣れてきたらこちらがオススメです。

 

 

DMM.com証券

 

 

 

こちらは先ほどのSBIFXでは取引できないような通貨ペアが豊富に揃っているのです。

 

また、スマホの画面も秀逸です。

 

※個人的にはスマホでの取引はよほどの事情が無い限り推奨しません。

 

 

ただ、最低取引ロット数が10,000通貨単位となっていますので、

最初にSBIFXで慣れてから DMM.com証券で豊富な通貨ペアを取引されると良いと思います。

 

そして、もう一つのNDDは、インターバンクに注文を取り次ぎます。

 

当然、先ほどの競馬の例でいうとお小遣いの1,000円に該当する「手数料」

で経営をしていかなければなりません。

 

これも、カバー先が見える方式と、分からない方式との2種類に分かれます。

 

見える方式は、あえていうと「株式市場」のような感じです。

 

初心者を抜け出して、本格的にやっていこうという段階では必要不可欠なものとなります。

 

 

ただ、「初心者お断り」という訳ではありませんので

今から検討しておいて損はないと思います。

 

 

こちらのオススメ口座は次回の記事でご紹介したいと思います。

 

 

 

ページの先頭へ

為替