今日のFX ドル円 ユーロドル 2019.4.16

スポンサーリンク

ドル

 

昨日の ドル円はほぼ横ばいでした。

 

予想を上回る4月ニューヨーク連銀製造業景気指数を受けて一時112.08円付近まで買われ、東京時間高値112.10円に迫まりましたがその後上値は重くなりました。

 

 

米国株相場が下げに転じたほか、長期利回りが低下したためドル売りが入りました。

 

しかしニューヨーク時間安値は111.92円と非常に小さな値幅でした。

 

 

今日からワシントンで開催される日米物品貿易協定(TAG)交渉を控えて大きな方向感は出ず、現在も小幅な動きとなっています。

 

 

日米両政府は日本時間本日未明、ワシントンで TAG 交渉の初会合を開催しますが、まずはどの項目まで交渉に入るかの範囲を詰めるとされています。

 

 

交渉では米国が自動車での日本の輸出数量規制や通貨切り下げを自制する「為替条項」を要求してくるかどうかが焦点となっています。

 

ユーロ圏

ユーロドルは小幅に続伸しました。

 

 

良好な米経済指標を受けて一時1.1298ドル付近まで下げましたが、週明け早朝取引でつけた安値1.1295ドルから買い戻しが入りました。

 

 

米長期金利の低下に伴うユーロ買いドル売りも入り、ユーロ円も小幅でしたが続伸しました 。

 

市場ではイギリス議会も休みのためブレグジットがらみの報道も少なく、欧州通貨は全体に小動きでした。

 

 

スキャルの場合

いくらレンジが狭く値動きが悪いといっても、ドル円、ユーロ共じりじりと上がってはドスンと下がるという動きが多いです。

 

油断していると買ってはやられ、売ってはやられで小さな損切が繰り返されて結構な痛手になることもあります。

 

こんな時は「まだ取れるだろうと」ポジションを長くキープするのではなく、早め早めに利食っていく方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

ページの先頭へ

為替