下げ三法なるか・・ 2016.9.24

今週も終わりました。 今、ドル円の日足チャートを見ることができる人は ご覧ください。 ドーンと下げて、小陽線が2本出て止まっていると思います。 これが、月曜日にもう一本小陽線が出て3本、手前の長い陰線を 越えなかったら昔から「下げ三法」といって、 その次の日は「売り」なのです。 もともと三法とは、「売り」「買い」「休み」の三つのことです。 つまり、下げ三法とは「売りなさいよ」ではなく、 本来は「休んどいた方がええよ」なんでしょうが・・ この長い陰線を越えて陽線となれば、三羽烏(さんばがらす)といって 上昇のエネルギーが強いという事で、逆に「買い」なのですが、 今週末からの動きを見ていると、どうもそんなエネルギーはなさそうです。 むしろ、今の2本目の小陽線が「5日移動平均線」に 阻まれている様にも見えます。 月曜日にこれを越えて3本目になるか、越えられず 下がるか、十字になって「保ち合い」になるか・・・ これを見てからエントリーポイントを探りたいと思います。
スポンサーリンク

ページの先頭へ