衆議院総選挙以降の重要指標

 

もし万が一自民過半数割れなどが起きましたら、月曜日かなり大きな窓空けとなるでしょう。

以降の重要指標です。

10月22日  20:00~     衆議院解散総選挙

 

10月26日  20:45    ECB政策金利

 

11月1日  27:00      FOMC政策金利

 

11月3日  21:30    米雇用統計

スポンサーリンク

カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ