米国はブラックアウト期間に入ります 2011.9.14

今、14日の午前1時すぎ。ドル円日足、 昨日書いたとおり、早速陽線で上がってきています。 今日から(米国ではまだ13日なので)FOMC終了時まで 金融当局者が政策に関する発言を控える「ブラックアウト期間」 に入ります。 注目の米経済指標の発表もなくファンダメンタル重視の トレーダーにとって、手がかりは乏しい時期になります。 逆に言うと、チャートの原則通り動いてくれる可能性が高くなるのです。 今まででしたら、「せっかくこの流れやな」と思っていても FRBの偉いさんが「利上げしまっせ~」と、 こんな“もっちゃり”とした言い方はしませんが、 「ペラペラペ~ラ~」 と流暢なエングリッシュで言ったとたんに ボ~ン!ボッ、ボ~ン! となっていた動きがなくなり、自然な相場になる訳です。 私は個人的に、この陽線は反転とは見ていません。 逆に追加で戻り売りの可能性を探っています。 いつものトレード時間である朝6時前後に もう一度チャートを見て決めたいと思います。
スポンサーリンク

カテゴリ:FXドル円USDJPY 

ページの先頭へ