米金利のイールドカーブを使って「とんちんかん」なトレードを回避しよう

前回の記事では、52週移動平均線を使って、  

「とんちんかん」な方向へトレードするのを 回避する方法を書きました。  

 

  今回は、ドル円、若しくはドルストレート限定となりますが、

米金利のイールドカーブを見てドルの行方を推測する・・    

 

ということをお話します。      

 

というのも、なんやかんやといって、

為替のドルは、金利で結構左右されて動いているのです。    

 

では、早速みてみましょう。    

 

もし、これといったイールドカーブを見るサイトを ご存知ない方は、

フィナンシャルタイムズ社のグラフを ご覧ください。

 

こちら⇒https://markets.ft.com/data/bonds  

 

 

上のようなグラフが出てきたかと思います。    

 

開いて一番最初に表示されるデフォルトでは、「United Kingdom」    

 

とイギリスのイールドカーブになっていますので、

赤い〇で囲った部分を「United States」に変更して下さい。    

 

このカーブが「フラット化」といって、

上を向いているのがだんだんと横向きになってきたら ドルもそろそろ・・  

 

と読んで良いでしょう。    

 

逆に「スティープ化」といって、

上り勾配が きつくなってきたら、まだまだ上がりシロがあると読めます。  

 

  例えば上のグラフでは6M、つまり6カ月から

急に上がってスティープ化しているのが見て取れますし、  

 

5Y(5年)から気持ちだけ角度が緩やかになっています。    

 

これが、更にフラット化といっても良いくらいに

下がってきたら、要注意ですね。    

 

カーブがダダ下がりになっているのに、

 

一人 「それ~、押し目買いだ~!」

 

なんて「とんちんかん」なことをしないように・・                      

スポンサーリンク

カテゴリ:マインド 

ページの先頭へ