米国債利回りUPでなんとか100円台 2016.8.17

昨夜21時半ころでしたか、米7月CPIが予想下回る発表されるや、 ドル円が一時90円台に突入し、えらいことになっていました。 その後、ダドリーNY連銀総裁の利上げ含みの発言や、 米国債利回りの上昇をうけ、なんとか100円台に戻したのですが、 それでも現時点(午前1時)では方向が定まっていませんね。 日足チャートでは7月初旬につけた直近安値ラインを引いて、 眺めている人も多いでしょう。
スポンサーリンク

カテゴリ:FXドル円USDJPY 

ページの先頭へ