リスクマネジメントとは

        よく巷にあふれるFXの書籍や教材を読んでいると 「プロスペクト理論」というのが載っていますね。 例えば・・  
1.「あなたはA・Bのどちらを選びますか」   あなたは100万円の借金を抱えています。   A.何もせず、50万円の借金が減る。   B.コインを投げて、表が出たら借金はゼロに、しかし裏が出たら借金は全く減らない。
       
  2.「あなたはA・Bのどちらを選びますか」   借金はなくなりました。その状態で   A.何もせず50万円をもらう。   B.コインを投げて、表が出たら100万円、しかし、裏がでたら何ももらえない。
  人によって違いますが、大多数の人が 借金がなくなる方は、Bを選択。     2.の方は、A.の何もしなくても50万円もらう方を選択する人が多いのです。     どちらも同じ50万円という経済効果ですが、 損失を回避したいという場合は、 まるで賭けにでるかのような行動に出がちです。       これは、行動経済学のひとつで、利益を得るときと、 損失を被るときでは、同じ金額でも感じ方が   違ってしまう・・ということで、 FXで例えると、損失が出ているときは、これを取り戻そうと 賭けに出て、余計に損失が膨らむ・・   という例でよく紹介されています。 しかし、普通に過ごしていたら、こんなコインの表裏を当てて 借金を棒引きにしてあげる・・     なんて話、実感ないですよね。         むしろ、同じ行動経済学でも、次の事例の方が 危ないと私個人的には思います。
1.「あなたはA・Bのどちらを選びますか」   欲しかった帽子をみつけました。   A.近くのよく行く店で4000円で売っています。   B.移動に30分かかる隣町で全く同じものが2000円で売られています。
       
2.「あなたはA・Bのどちらを選びますか」   欲しかった家電製品を見つけました。   A.近くのよく行く店で50万円で売られています。   B.移動に30分かかる隣町で全く同じものが49万8000円で売られています。
    これも大多数の人が帽子はB、 家電はA・・   と答えると結果が出ています。 日常生活で思い当たる事ありませんか? 同じ2000円安く買える話でも、違ってくるのです。   私個人的には結構身に覚えがあります。 これは、同じ利益や損失でも、金額によって感覚が変わってくる というものです。   FXの資金管理の中で、ロット数を調整するいうのがありますが、 実はこういう心理が働くからなのです。    
XM 口座開設

カテゴリ:マインド 

ページの先頭へ

為替