FX 今日のドル円 USDJPY 2016.12.26

今日は東京市場以外、海外の主要市場はお休みでした。 窓開けで始まりましたが、窓を埋めるアノマリーの力及ばず かといって、116円台になったら買い、という人も多かったと 思いますが、いずれにしても到達せずの動きでしたね。 ただ、チャートを見てみますと、教科書に書いてあるような 綺麗な三角持合いから下に振れていますので ひょっとしたら、教科書通りに下げ、つまり売りを狙う人、 特に初心者の人が続出しているのではないか、と心配しています。 いや、もしかしたらその通り行くかも知れませんよ。 ただ、今日のように、市場全体が薄く、また絵に描いたように 誰でもわかるチャートを形成していると、その逆を仕掛ける勢が 必ずいるのです。 例えば、今でしたら、売りを仕掛けて少し上に損切り・・つまり「買い」 を置きますね。 この、皆が損切りを置いているところまで 値を動かせたとしたらどうなるでしょう。 一斉に損切りが発動、つまり「買い」が集中して・・ 「買い」が多いということは 値が急激に上がります。 これを、ショートスクイズといいます。 「ああ、オレは天才や、ちゃーんと損切り置いといたから こんだけズドーンと上がったのに、最小のロスで済んだ」 などと、呑気な事を言っている人が多いのですが そのストップロスが値をつり上げているのです。 それを上手く頂戴している連中が跋扈しているのも知らずに・・ 28日にはまた全世界の市場がオープンします。 ここで早まって、 「おっ、三角持合いから下にブレイクしとるやないか、一発いわしたろかい」 などと、鼻息荒くしていると、逆に「いわされて」しまうのです。 どうしても、という場合は分割してセットアップを計るべきです。 「一発いわしたろ」と考えていた玉を、例えば3分割して立てていきます。 こういうと、必ずこういう質問をする人がいます。 「今、練習で1通貨から取引できるSBI FXトレード でやっているんですが、1通貨の場合はどうなりますか?」 これはできません。 その場合は最低3ポジションを一つとして資金計画を立ててください。 確かに、以前書きましたように、デモ口座よりは 実際に1通貨でも立ててやるのは良いのですが、 慣れてくれば最低3通貨を1単位でされると良いでしょう。 こういう局面では有効に機能します。 まずはこちらの口座で練習してみましょう。 ↓ ↓ ↓ SBI FXトレード
スポンサーリンク

タグ:

カテゴリ:FXドル円USDJPY 

ページの先頭へ